【泥大島】とは、車輪梅しゃりんばい(テーチ木)で染めた後、泥で染めた糸を使って織った大島紬
天然染め独特の温かみのある泥黒色が魅力の大島紬
泥染めは「奄美大島の泥田でしか染めることができない」貴重な染色法

【泥大島】雪輪

舞い散る小花が可憐な藍大島。

詳細情報

作品NO 00-11-005
品質表示 正絹100%
染め 泥大島
織り
 
片ス式
9マルキ/15.5算
経緯絣
手織り
その他 雪輪/地空き
サイズ
 
長さ:約12.34 cm以上
生地巾:約39cm
産地 奄美大島

色み:泥黒
※色みは、ディスプレイによって若干異なる場合がございます。

【証紙】
奄美大島紬組合証標
経済大臣指定 伝統的工芸品 証明
古代染色 純泥染め 証明 証明

織元からのコメント

現在、主流になっている地空き柄は13算が多いですがこの川口織物が制作している地空き柄は15.5算で制作しているため地風がしっかりしています。無駄のものをそぎ落とし泥と絣の美しさを楽しんでもらいたいです。

 


関連記事

  1. 古典手鏡

  2. 【泥大島】ゼブラ柄(モノトーン)

  3. 【泥大島】蝶

  4. 【夏大島】小市松(エメラルド)

  5. 一玉半 龍郷柄(夏大島)

  6. 【泥大島】豹柄(黒×茶)

  7. 【泥大島】茉

  8. 【色大島】彩総絣

  9. 【泥大島】流れ市松

お気に入りの作品

  • Your favorites will be here.