【泥大島】とは、車輪梅しゃりんばい(テーチ木)で染めた後、泥で染めた糸を使って織った大島紬
天然染め独特の温かみのある泥黒色が魅力の大島紬
泥染めは「奄美大島の泥田でしか染めることができない」貴重な染色法

【色大島】彩総絣

本場奄美大島紬の工程の中の「締機・摺り込み」の技法を最大限に生かしたデザインをしています。
特に、緯絣は変化締めを多数使いし、柄を表現するために、
地と絣のすべての糸に摺り込みを施して総絣にしております。
華やかで遠近感があり、多色使いで水彩のぼかしのような美しいグラデーションのある彩が特長です。

総絣が施されているため、柄がくっきりと立体的になり華やかさのある作品です。

詳細情報

作品NO 00-16-001
品質表示 正絹100%
染め 泥大島
織り
 
総絣
緯織り
手織り
サイズ
 
長さ:約12.34 cm以上
生地巾:約39cm
産地 奄美大島
その他

※色みは、ディスプレイによって若干異なる場合がございます。

 

【証紙】
奄美大島紬組合証標(地球印)/ 織絣
経済産業大臣指定 伝統的工芸品 証明
古代染色 純泥染め 証明

 

 

 

 


関連記事

  1. 【泥大島】神秘の杜 part1

  2. 【泥藍大島】格子

  3. 変わりたて縞(夏大島)

  4. 【泥大島】南国花

  5. 【泥大島】花蔓

  6. 【色大島】彩総絣(雪輪流れ)

  7. 【白大島】白秋名バラ 15釜

  8. 【色大島】グレー

  9. 【藍大島】小花

お気に入りの作品

  • Your favorites will be here.