2021年本場奄美大島紬「紬グランプリ」は、夢おりの郷に!

2021年 本場奄美大島紬最優秀賞

本場奄美大島紬協同組合主催の
2021年「紬グランプリ」と「翔けあまみ(原図展・製品化コンテスト)」が開催され、
グランプリ(最優秀賞)に、龍郷町の夢おりの郷の作品が選ばれました。

龍郷柄をモチーフにしたデザインと、
白をベースに、黒(泥黒)と藍の3色で織り成すグラデーションが美しい
この9マルキの大島紬は、なんと経緯総絣(たてよこそうがすり)!!

ため息がでる美しさ・・・その名も大島紬の「ダイヤモンド」というそうです。

着る宝石と言われる大島紬の中でも最高峰である自信と、
織元さんたちの想いが伝わってくる作品です。

夢おりの郷の職人の皆さま、おめでとうございます!

 

2021年 翔けあまみ の最優秀賞

そして、原図展・製品化コンテストである「翔けあまみ」の最優秀賞に選ばれたのは美紀大島。

原図展・製品化コンテストとは、
大島紬のデザイン(原図)の一般公募をし、その中から織元さんが選んだデザインモチーフをもとに製品化していくもの。

つまり、業界外の方でも大島紬デザインに参加ができる企画なのです。
(デザイン学校など出ていなくてもどなたでも参加可能です)

ご自身の考えたデザインが憧れの「大島紬」になるかも!!そんな夢のある企画なのです。
ぜひ原図を応募みませんか?

詳細は、本場奄美大島紬協同組合HPにて。

美紀大島さま、おめでとうございます。

奄美大島の地元紙より抜粋

南海日々新聞社 様

 

あまみ新聞社様

関連記事

  1. 伝統とは火を守ることであり、 灰を崇拝することではない。

  2. 12月25日。大島紬発祥の地が日本復帰を果たした日。

種類別・大島紬

ブログ記事カテゴリー