伝統とは火を守ることであり、 灰を崇拝することではない。

伝統とは火を守ることであり、 灰を崇拝することではない。

この言葉は、
作曲家のグスタフ・マーラー氏の言葉なのだそう。

昨日、大島紬アンバサダーの飛田久美子さんから教えていただきました。

先人たちが残してくれた素晴らしいものや技術に感謝しつつ、
それを今の時代で輝くよう、さらに進化させてこそ先人への恩返しである。

これが本当の意味での「伝統」だと
私はそのような解釈をしました。

きっと先人も、その時代にはその時代の 最新の叡智や技術を生み出し築き上げてきたものだからこそ、
時代を超えて「伝統」と言われるようになったのだと思いますが、

時々「伝統を守る」という言葉は、別の意味で聞こえるときがあります。
そして私自身も、そこに固執してしまうときもあります。

でもそれはきっと本当の意味での貢献にはなっていないのかと、この言葉をきいたときに感じました。



灰を崇拝するのではなく、
その火がさらに勢いよく燃えるように・・・

素晴らしい伝統が、
今の時代で輝くようなお手伝いができればと思います。

 

大島紬オンライン展示会
秋葉深起子

関連記事

  1. 2021年本場奄美大島紬「紬グランプリ」は、夢おりの郷に!

  2. 【保存版】本場大島紬の基本

  3. Ohshima-tsumugi Photo gallery vol.00

  4. Ohshima-tsumugi Photo gallery vol.01

  5. 12月25日。大島紬発祥の地が日本復帰を果たした日。

種類別・大島紬

ブログ記事カテゴリー