【泥大島】とは、車輪梅しゃりんばい(テーチ木)で染めた後、泥で染めた糸を使って織った大島紬
天然染め独特の温かみのある泥黒色が魅力の大島紬
泥染めは「奄美大島の泥田でしか染めることができない」貴重な染色法

春の桜

詳細情報

作品NO 00-14-001
品質表示 正絹100%
染め 泥大島
織り
 
カタス式
9マルキ
経緯絣
手織り
サイズ
 
長さ:約12.34 cm以上
生地巾:約39cm
産地 奄美大島

※色みは、ディスプレイによって若干異なる場合がございます。

【証紙】
奄美大島紬組合証標
経済産業大臣指定 伝統的工芸品 証明
古代染色 純泥染め 証明

織元からのコメント

9マルキの強みを最大限に織り入れた「春のさくら」をイメージした柄。
多色の刷り込み染色で、様々な状態の桜を表現した柄です。
地空きに華やかな柄構成の為、どんな方にでもキチッと着こなせる柄になっております。

 

 


関連記事

  1. 【泥大島】豹柄(黒×茶)

  2. 古典手鏡

  3. 【夏大島】小市松(エメラルド)

  4. 雪輪に龍郷

  5. 【泥大島】南国花

  6. 変わりたて縞(夏大島)

  7. 【正藍大島】きらめく宇宙の星

  8. 【泥大島】

  9. 【泥大島】雪輪

お気に入りの作品

  • Your favorites will be here.